バージョン4.5後期開始!!

2019年6月26日(水)アップデート!

バージョン4.5後期の最新情報はこちらからどぞー!

どんどん随時更新中です(*'ω'*)

≫バージョン4.5後期アップデート最新情報入口

【分岐】クエストNo.581「時の書と罪の書」回顧録を渡す?渡さない?【ネタバレあり】

こんにちは、コトリ(@kotori_dq)です。

 

バージョン4.5後期に追加されたクエストNo.581「時の書と罪の書」ですが、ドラクエ10には珍しく、【選択肢によるセリフ分岐】があります

通常クリアをするとどちらか一方のセリフしか見ることができず、クエストリプレイをすることで両方のセリフを確認することができます。

 

この記事では、

クエストリプレイはめんどくさい!って人に向けて両方のセリフをまとめています。

 

ネタバレを多く含みますので、クエストをまだクリアしていない方は先にクエストをやりましょう!
クエストNo.581「時の書と罪の書」攻略はこちらから
時の指針書レプリカがもらえるクエストNo.581「時の書と罪の書」攻略
...

 

ではいっきましょー!

クエストNo.581「時の書と罪の書」のセリフ分岐:ドミネウスの回顧録をベルマに渡す?渡さない?

時獄の迷宮の本棚で見つけた『ドミネウスの回顧録』。

回顧録にはベルマさんに関わる重大な情報が書かれているようです。

 

この『ドミネウスの回顧録』をベルマさんに見せるのか、あるいは見せないでおくべきなのか…。

 

判断は、主人公にゆだねられます。

自分の意志で未来を切り開いてきた主人公なら正しい判断ができるはず、とゼフに託されます。

 

あなたはどちらを選びましたか?

ドミネウスの回顧録の内容

まず、『ドミネウスの回顧録』に書かれていた内容から見てみましょう。

「マイナと出会ったのは 王都の視察中だった。
彼女は庶民だったが、お互いの若さゆえか、身分差などまったく障害にならなかった。
「私たちは愛し合い やがて 娘が生まれた。
母子には、城下に家を与え住まわせた。ささやかな幸せの日々がそこにあった。
「だが……マイナは死んだ。
時の指針書に、エテーネの未来のため自害せよ と、みちびきが示されたのだ。
「私は、これを父王の仕業だとにらんだ。
父上はマイナをよく思っていなかった。指針を改ざんし、死に追いやったのではないか?
「そこで私は 秘密裏に時見の箱に接触した。
だが 明らかになったのは、国王といえども予言の改ざんは不可能という 動かぬ事実のみ
「運命とは、かくも残酷なのか……・
彼女が死んで よりよい未来は訪れたか?彼女は 本当に 死なねばならなかったのか!?
「時見の箱だけが、私の苦悩を理解してくれた。指針に従い、妃を迎え、心の平穏を取り戻し
マイナとの娘への興味もやがて薄れた。

 

指針書が命より大切と言うベルマ

指針書が命より大切と言う「ベルマの指針書」を彼女の元に返し、落ち着きを取り戻したベルマは、自分の生い立ちについて語ります。

「私は……孤児だった。
だから人生をみちびいてくれる指針書だけが、わたしを見守ってくれる母であり……父だったんだ。
「時見の神殿も ドミネウス陛下も 消えた。
新たな指針が示されることは もうない。だが、それでも 構わないのだ。
「この 時の指針書は 私に残された
たったひとつの絆だから……。

 

選択肢:ベルマに「ドミネウス王の回顧録」を渡しますか?

指針書が唯一のつながりであり命より大切と言うベルマに、父であるドミネウス王が綴った悲しい過去の回顧録を渡しますか?

分岐:回顧録を渡す

ベルマのセリフ
「ふむ…この本を読めばいいのか?
回顧録……? いったい 誰の?
「……まさかッ!
「ベルマは ドミネウスの回顧録を夢中で読んだ。
読み終えても また 何度も読み返した……。
「………ここに書かれている
マイナとの娘とは………私だ。
母は 本当に 父を愛していたよ……。
「父は 私が生まれた当初 ここに通っていたが
政務が忙しく、長くは一緒に過ごせなかった。私は、父恋しさによく泣いたものだ。

「……そんな時、母は私にささやくんだ。

いつか お父様が迎えに来てくれる。
指針書が そのきざしを知らせてくれると。

「指針書だけが 父との絆だった。
私は みちびきの訪れを待った。
幸せな未来を信じ、あらゆる苦しみに耐えた。
「だが 母が自害して 孤児になっても
父は迎えに来てくれず、幼いころには人並みならぬ苦労をした……。
「成人すれば 指針書のみちびきに従い
指針監督官や矯正執行官の任についたが
結局は みじめな捨て駒にされた。
「だが それでもよかったんだ。
指針こそが 直接かけられることのない
父の言葉のような気がして うれしかった。
「なのに…………
「………ククッ……ハハハッ。
アッハハハハハハハハハハハハッ!!

「回顧録を読んで ハッキリした。

これまで私が信じていた指針は 父の言葉は
すべて……まやかしだったのだ!

「私を 指針書に縛り付けた父は もういない!
これから たっぷりと時間をかけて
奴に奪われた 自由な人生を取り戻してやる。
「お人好しの錬金術師にも 伝えておけ。
私は ついに 自由を手に入れられたと!……それから もうひとつ。
「すまなかった……と。

 

この、どんなに願っても報われないことがあるという教訓がドラクエっぽくて好きだな。

 

 

ゼフのセリフ
「……なるほど そうですか。
憎しみを糧にしてでも 生きて 自由を
つかもうとするとは 彼女らしいですね……。
「……少し 昔話を聞いてもらえますか?
これは 店の誰にも話していないことです。

「私は ベルマさんを以前から知っていました。

とはいえ 彼女は私のことなど
覚えていないと思いますが……。

「私が王立アルケミアの研究員だった
当時の署長、ジデン師は、出世の鬼のような人で
成果を上げるために手段を選びませんでした
「彼は万病を直す夢の錬金役を完成させるため協力者を探していた。
そこで 親のない子供を集めたのです。

「ベルマさんも そんな子供のひとりでした。

彼女たちがあそこで体験したことは……
とても言葉にできません。

「ワグミカ師が署長に就任してからは
非人道的な行為はなくなりましたが
私が 罪に加担した事実は消えません。
「だから 私は 償いのため
親のない子たち、リンカやシャンテ、ルオンを引き取り育てた。ベルマさんも必ず 救いたかった……。
「……ありがとう
あなたは ベルマさんを救ったと同時に
私の心まで 救ってくださったんですよ。

 

ゼフが言う通り、唯一の父との繋がりであった指針書を本当の意味で受け入れたベルマさんは強い人ですね。

真実を伝えることでふたりとも何か吹っ切れた感じです。

 

分岐:回顧録を渡さない

「……いや。言わずとも わかっている。
魔法生物や黄金刑の件で私を恨んでいるな?
まあ 当然だ……それだけのことをした。
「深手を負い 死の淵をさまよう夢の中
これまでに虐げてきた数多くの国民の
なげき、悲しみが私を責め立てた。

「それでも 私には 指針書しかなかったのだ。

だが……何を言っても 弁解にならんな。

「指針に従う生活は 充実していたが
少し 疲れてしまったよ……。
「指針を失った 新たなエテーネ王国は
これからどう変わっていくのだろうか?せめて その行方を見届けたいと思っている。
「迷惑をかけてすまなかった
お人好しの錬金術師にも そう伝えてくれ。私は もう 大丈夫だから……。

 

自分で「大丈夫だ」と言う奴の大丈夫じゃなさよ…。

ゼフのセリフ
「……なるほど そうですか。
たとえ 更新されなくとも 指針書の存在が
ベルマさんの心を支えているんですね。
「犯した罪は 決して消えない。それでも
現実と向き合って 生きていくしかない……いつか 許される日が訪れると信じて。
「……例の回顧録は もう必要ありませんね。
人目に触れるとまずいですから
私がしかるべき方法で廃棄しておきます。

 

犯した罪っていうのは、ゼフ自身の罪でもあったんですね。

過去からずっと引きずってきたものを手放すには、時が解決してくれるものではなく、なにかきっかけが必要なのかもしれません。

 

 

まとめ

ドミネウスの回顧録を【渡した場合】と【渡さなかった場合】のベルマとゼフのセリフをまとめました。

 

「渡す・渡さない」どちらの選択肢を選んでもクエストはクリアできるのですが、後味的にはだいぶ違った感じになりますね。

「渡す」を選んだほうが、どちらかと言うとトゥルーエンドになるのでしょうか。

 

ハッピーエンドなのにどこか切ない気持ちを残すところがドラクエっぽくて、今回のアプデで追加されたエピロードクエストは結構好きなストーリーが多いです。

 

あなたはどちらを選びましたか?

 

以上、コトリでした!

最後まで読んでくださってありがとうございます!

少しでも記事がお役に立てたなら嬉しいです。

応援が励みになるので、よろしければ「いいね!」ください☆
(ブログランキングは退会しました!今までありがとです。)

クエスト
スポンサーリンク
コトリをフォローする
スポンサーリンク
コトリログ

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました